眼瞼下垂の施術料金徹底調査

目を開けたくてもしっかりまぶたを開けられない…
いつも眠たそうに見られたり疲れているように見られる…
そういった症状は『眼瞼下垂』によるものかもしれません。

眼瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなることで、まぶたが下がって目を開けにくくなる状態を言います。
原因には加齢によるものや、日ごろからコンタクトレンズを長時間使っていたり、メイクや花粉症などで目を強く頻繁にこすったりするなど普段の習慣によるものなどがあります。
眼瞼下垂になると、人へ与える印象だけでなく視力低下にも繋がり、日常生活への影響も出てしまうので、放置はせずに適切な治療を受けましょう。

眼瞼下垂は、手術で改善できる可能性があります。
しかし、いざ治療を受けるとなると、料金がどのくらいかかるのかが気になりますよね。
そこで今回は、眼瞼下垂の手術を受けられる診療科や費用の相場などについて、詳しくご紹介します。

眼瞼下垂の手術は眼科・形成外科・美容外科でできる

眼瞼下垂の手術は、美容外科でしか受けられないと思っている方もいるのではないでしょうか。
実は、眼科や形成外科でも受けられます。
それでは、各診療科にはどのような違いがあるのか、詳しくご紹介します。

機能を重視するのが眼科・形成外科

眼科と形成外科での眼瞼下垂の手術は、病気を治療して本来の機能を取り戻すことを目的としています。

つまり、眼瞼下垂によって目をうまく開けられなかったり、目が疲れやすかったりする症状を改善することを目的としているのです。
美しい目元を作ることを目的にしていないため、美容面については必要以上には考慮しません。

眼科や形成外科で手術を受けた結果、美容面に問題が生じたとしても、目を開けるようになっている場合は保険で補償を受けることはできません。

また、切らない眼瞼下垂手術である埋没式挙筋短縮術は、一般的に眼科・形成外科では行われていません。
基本的には切開法で手術が行われます。

仕上がりの美しさを重視する美容外科

美容外科の眼瞼下垂の手術は、単に治療するだけでなく、より美しく仕上げることを重視しています。
見た目に問題が起こらないように、美容面を考慮した手術を受けられます。

また、多くの美容外科では切開法と埋没法のどちらかを受けられるようになっています。
手術の仕上がりにおいて美容的な問題がある場合は、低料金や無料で再手術をしてもらえることがあります。
手術後のアフターケアはクリニックによって異なりますので確認をしておきましょう。

眼瞼下垂手術の費用の相場

眼瞼下垂手術の費用の相場
眼瞼下垂手術の費用は、保険が適用されるかどうかで大きく変わります。
眼科・形成外科では、眼瞼下垂によって起きている症状を改善させることを目的として治療を行うため、保険が適用されます。

それに対して美容外科は、美容面での仕上がりを重視しているため、保険が適用されません。
保険が適用される場合とされない場合に分けて、眼瞼下垂手術の費用の相場をご紹介します。

保険が適用できる病院の相場費用

保険適用による自己負担割合には、1割負担と2割負担、3割負担があります。
義務教育就学前の6歳から69歳までは3割負担、平成26年4月以降に70歳になった74歳までの人は2割負担、75歳以上は1割負担です。

ただし、70歳以上であっても、現役並み所得者に該当する場合は3割負担となります。

保険適用できる医療機関で切開法による眼瞼下垂手術を受けた場合は、3割負担で約4~5万円、1割負担で約1~3万円となります。
※医療機関によって異なります。

保険が適用できない美容外科の料金の相場

美容外科で受ける切開法は保険適用されないため、片目で約20万~30万円、両目で約50万~60万円が相場となります。
切らない眼瞼下垂(埋没式挙筋短縮)は切開法よりも少し安く、片目で約20万前後、両目で約40万~60万円が相場です。
※医療機関によって異なります。

このように、美容を考慮した眼瞼下垂の手術は、そうではない手術と比べて費用が大幅に高くなります。

東京で保険適応できる医療機関

帝京大学医学部附属病院

帝京大学医学部附属病院

小室 裕造医師/主任教授
専門分野 : 頭蓋顎顔面外科・眼瞼下垂・瞼の手術
(火曜日午前のみ)

診療科目 形成外科
住所 〒173-8606 東京都板橋区加賀2-11-1
お問い合わせ電話番号 03-3964-1211

帝京大学医学部付属病院ホームページ

東京大学医学部附属病院

東京大学医学部附属病院

診療科目 形成外科・美容外科
住所 〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
お問い合わせ電話番号 03-3815-5411(代表)

東京大学医学部附属病院ホームページ

慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院

酒井 成貴医師/助教授
専門分野 : 形成外科一般・眼瞼再建・先天性眼瞼下垂・義眼床形成
(火曜日午前のみ)

診療科目 形成外科・眼科
住所 〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
お問い合わせ電話番号 03-3353-1211(代表)

慶應義塾大学病院ホームページ

杏林大学医学部附属病院

杏林大学医学部附属病院

菅 浩隆医師/講師
専門分野 : 乳房再建・眼瞼形成・創傷治癒

診療科目 形成外科・美容外科
住所 〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
お問い合わせ電話番号 0422-47-5511

杏林大学医学部附属病院ホームページ

順天堂大学医学部附属順天堂医院

順天堂大学医学部附属順天堂医院

小室 裕造医師/客員教授
専門分野 : 頭蓋顎顔面外科・眼瞼下垂・瞼の手術

診療科目  形成外科
住所 〒113-8431東京都文京区本郷3-1-3
お問い合わせ電話番号 03-3813-3111

順天堂大学医学部附属順天堂医院ホームページ

東京医科大学病院

東京医科大学病院

診療科目 形成外科
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
お問い合わせ電話番号 03-3342-6111

東京医科大学病院ホームページ

切らないで眼瞼下垂を手術できる美容外科クリニック

真崎医院

真崎医院の院長の真崎信行医師は、切らない眼瞼下垂(埋没式挙筋短縮法)を日本で初めて公表した医師です。
2016年12月に「切らないで治す眼瞼下垂の本」を出版。

真崎信行医師

真崎信行医師

⬛️プロフィール
1989年共立美容外科・歯科を開設、総院長を経て2007年に真崎医院を開設。 第101回日本美容外科学会 学会長を務める。BBC(イギリス国営放送)が制作した「美」をテーマにした国際的な特別連続報道番組で、世界に数ある美容クリニックの医師の中から美容整形外科の名医として選ばれた。

真崎信行医師の切らない眼瞼下垂の症例写真

真崎医院の顧問である小室裕造医師は、順天堂大学医学部附属浦安病院形成外科・美容外科や帝京大学医学部形成・口腔顎顔面外科学講座教授を務めています。
真崎医院では切開の眼瞼下垂を担当しています。

真崎医院顧問・帝京大学医学部形成・口腔顎顔面外科学講座教授 小室 裕造医師

小室裕造医師のプロフィール

料金

埋没式挙筋短縮
(切らない眼瞼下垂手術)
両目: 400,000円 / 片目: 250,000円
眼瞼下垂 切開 両目: 600,000円 / 片目: 300,000円

アクセス

住所 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町9-8 URBAN PARK代官山 Ⅰ 101

真崎医院を詳しくみる

東京皮膚科・形成外科

料金

眼瞼下垂(切開なし) 350,000円
眼瞼下垂 切開 420,000円

アクセス

住所 [銀座院]〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-8ラウンドクロス銀座 3F
[大阪院]〒594-0081 大阪府和泉市葛の実町60-11
お問い合わせ電話番号 [銀座院]03-3545-8000
[大阪院]0725-44-4481

東京皮膚科・形成外科のホームページはこちら

ヴェリテクリニック

料金

眼瞼下垂(挙筋短縮術) 600,000円
眼瞼下垂 切開(挙筋移植術) 600,000円

アクセス

住所 [銀座院]〒104-0061 東京都中央区銀座2-6-12 大倉本館5階
[名古屋院]〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビルディング11階
[大阪院]〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町2-19 JPR茶屋町ビル5階
お問い合わせ電話番号 [銀座院]0120-883-250
[名古屋院 ]0120-451-170
[大阪院]0120-121-051

ヴェリテクリニックのホームページはこちら

眼瞼下垂の手術は、医師の経験・実績で病院・クリニックを選ぼう

眼瞼下垂の手術を受ける場合は、料金だけではなく医師の経験・実績も考慮することが大切です。
眼瞼下垂手術の仕上がりは、医師の経験によって左右されます。
未熟な医師が行うことで、美容面の支障が大きい仕上がりになることも考えられるでしょう。

ホームページには、医師の実績が掲載されている場合があります。
信頼できると思われる医師の施術を受けましょう。

また、実績豊富な医師が在籍していても、実際には別の医師が施術するケースもあるため、どの医師の施術を受けられるのかまでしっかり確認しておくことが大切です。