目頭切開

目頭切開

目頭切開とは、眼球が表から見える範囲を広げることを得意とする代表的な施術です。
目頭切開で調整するのは蒙古襞(もうこひだ)という部分です。
この部分を切開して縫うことで目頭を調整し、表から見える目の範囲を大きくします。

目頭切開の基本知識

よくある質問の回答一覧

目頭切開に関する質問はありません。